最新記事一覧

地域の中で、ささやかな誇りを持って働く:ココ・ファーム・ワイナリー

2017年12月13日

ニュースレター

 

地域の中で、ささやかな誇りを持って働く:ココ・ファーム・ワイナリー

特殊学級の中学生と担任の川田昇氏が、山の急斜面を開墾してつくった葡萄畑。その麓に設立されたこころみ学園で知的障害を持つ人たちとのワインづくりを始めるため、川...

 
AIの活用により、持続可能な日本の未来に向けた政策を提言

2017年12月10日

政策・制度

 

AIの活用により、持続可能な日本の未来に向けた政策を提言

国立大学法人京都大学こころの未来研究センター(京都大学)広井教授らは、2017年9月5日、日立未来課題探索共同研究部門(日立京大ラボ)で開発された人工知能(...

 
温暖化の進行で鈍化する穀物収量の伸び、適応技術の開発・普及が重要に

2017年12月08日

食糧

 

温暖化の進行で鈍化する穀物収量の伸び、適応技術の開発・普及が重要に

農研機構農業環境変動研究センター、国際農林水産業研究センター、国立環境研究所は2017年8月28日、気候変動が世界の主要穀物(トウモロコシ、コメ、コムギ、ダイ...

 
表現活動を社会につなげる福祉施設「工房集(KOBO-SYU)」

2017年12月04日

共生社会

 

表現活動を社会につなげる福祉施設「工房集(KOBO-SYU)」

「工房集(KOBO-SYU)」は2002年にできた福祉施設で、障がい者の表現活動から生まれる数々の作品は製品化され、オリジナルブランドとして取引されています...

 
下川町の持続可能な地域づくり ~ 森林資源を永久に利用し続けることができる循環型森林経営

2017年11月30日

ニュースレター

 

下川町の持続可能な地域づくり ~ 森林資源を永久に利用し続けることができる循環型森林経営

人口減少社会となった日本。まだ東京は地方から若い人々が教育や雇用を求めて流入している一方、多くの地方の市町村では、出生数よりも死亡数が多いことによる自然減と...

 
NEDOとIHI 世界初の100kW級海流発電の実証試験を黒潮海域で実施

2017年11月29日

環境技術

 

NEDOとIHI 世界初の100kW級海流発電の実証試験を黒潮海域で実施

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とIHIは2017年8月25日、100kW規模の海流発電としては世界初となる水中浮遊式海流発電システム実証機「か...

 
日本政府のSDGs自発的国別レビューに日本のNGOが共同声明

2017年11月23日

政策・制度

 

日本政府のSDGs自発的国別レビューに日本のNGOが共同声明

ニューヨークの国連本部で7月17日から19日まで「持続可能な開発のためのハイレベル政治フォーラム」(HLPF)が開催され、日本からは外務大臣が出席して「自発...

 
東京都下水道局、スマートエネルギー都市への貢献を目指して

2017年11月20日

ニュースレター

 

東京都下水道局、スマートエネルギー都市への貢献を目指して

下水道は、私たちが安全で快適な生活を営むうえで、大切な役割を担っています。東京都下水道局のウェブサイトでは、その仕組みについて、主に「下水を集めて流す下水道...

 
奈良県立医科大学 MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所を開設

2017年11月17日

市民社会・地域

 

奈良県立医科大学 MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所を開設

奈良県立医科大学は2016年10月12日、MBT(医学を基礎とするまちづくり)研究所を開設したことを発表した。MBTの理念とは、少子高齢社会を快適に暮らすこと...

 
幸福度を含む社会指標:5つの自治体の取り組み

2017年11月12日

ニュースレター

 

幸福度を含む社会指標:5つの自治体の取り組み

近年、ブータンの国民総幸福(GNH)をはじめ、GDP(国内総生産)だけではなく、社会進歩や幸福度、真の豊かさを計測しようという動きが世界的に広がっています。...

 
500円で始める見守り、東電と渋谷区がIoT活用で実証へ

2017年11月09日

エコ・ソーシャルビジネス

 

500円で始める見守り、東電と渋谷区がIoT活用で実証へ

渋谷区と東京電力ホールディングスは、2017年6月からIoT技術を活用した見守りサービスの実証を開始します。節電・蓄電・発電の最新ニュースを発信しているスマ...

 
援助から共生へ:国際協力NGOシャプラニール45年の経験と学び

2017年10月31日

ニュースレター

 

援助から共生へ:国際協力NGOシャプラニール45年の経験と学び

「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」(シャプラニール)は、1972年に設立された日本の国際協力NGOです。「すべての人々がもつ豊かな...

 
竹中工務店、自社ビルを改修し国内初のZEB化達成

2017年10月25日

企業活動

 

竹中工務店、自社ビルを改修し国内初のZEB化達成

建設大手の竹中工務店は2017年5月17日、同社東関東支店(千葉市中央区)のオフィスビルをネット・ゼロエネルギービルディング(ZEB)にすることを目指した改修...

 
西粟倉村で見つけた「私」起点の取り組み

2017年10月21日

ニュースレター

 

西粟倉村で見つけた「私」起点の取り組み

岡山県の北東端、兵庫県と鳥取県との境に西粟倉村はあります。人口は1,490人、面積は57.97平方キロメートル(2017年8月1日現在)。村の中央を流れる吉...

 
環境省、「環境インフラ海外展開基本戦略」を策定

2017年10月18日

環境技術

 

環境省、「環境インフラ海外展開基本戦略」を策定

環境省は2017年7月25日、日本の先進的な技術・ノウハウ・制度を途上国に展開することで、途上国の環境改善に貢献するとともに、日本のビジネス展開に寄与するため...

 
経済産業省、「スマートコミュニティ事例集」を発表

2017年10月14日

エネルギー政策

 

経済産業省、「スマートコミュニティ事例集」を発表

経済産業省は2017年6月23日、地域内のエネルギー需給を総合的に管理し、エネルギーの利活用を最適化する取組を行うスマートコミュニティの普及を図るため、先行事...

 
住民出資のお店で地域の生活を守る:日本各地の取り組み

2017年10月10日

ニュースレター

 

住民出資のお店で地域の生活を守る:日本各地の取り組み

暮らしている地域から、お店がなくなってしまうかもしれない。そんな時、私たちには何ができるでしょうか? 日本の地方では、人口減少と高齢化が進み、日用品を売って...

 
ソーシャルプロダクツの購入経験者は幸福度が高い

2017年10月07日

幸せ

 

ソーシャルプロダクツの購入経験者は幸福度が高い

SoooooS.カンパニーは、より良い社会づくりにつながるソーシャルな事業や商品の開発、マーケティング・コミュニケーション支援を専門に行っており、2017年5...

 
放射線リテラシー必要

2017年10月04日

震災復興

 

放射線リテラシー必要

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2017年3月...

 
パリ協定履行に向けエネルギー政策を議論 ~ エネルギー情勢懇談会

2017年09月29日

ニュースレター

 

パリ協定履行に向けエネルギー政策を議論 ~ エネルギー情勢懇談会

資源エネルギー庁は2017年8月9日、エネルギー基本計画について「総合エネルギー調査会基本政策分科会(以下、基本政策分科会)」を開催し、議論を開始しました。...

 
小水力発電でイノシシ対策、農業用水路に簡易型の水車発電機

2017年09月27日

再生可能エネルギー

 

小水力発電でイノシシ対策、農業用水路に簡易型の水車発電機

山口県で設置しやすい簡易型の小水力発電機の導入が広がっている。県東南部に位置する光市塩田地区の農業用水路で2017年7月26日、新たに導入した発電機が稼働を開...

 
日本の交通事故死者数、ピーク時の4分の1に

2017年09月25日

ニュースレター

 

日本の交通事故死者数、ピーク時の4分の1に

世界保健機関(WHO)が2015年に公表したデータによると、2013年の世界の交通事故による死者は約125万人で、2010年の124万人からほぼ横ばいの状態...

 
富士通、2050年に向けた中長期環境ビジョンを策定

2017年09月22日

企業活動

 

富士通、2050年に向けた中長期環境ビジョンを策定

富士通グループは2017年5月12日、2050年に向けた中長期環境ビジョン「FUJITSU Climate and Energy Vision」を発表しまし...

 
キッズドア、学力支援で子どもを貧困から救いだす

2017年09月16日

幸せ

 

キッズドア、学力支援で子どもを貧困から救いだす

特定非営利活動法人キッズドアは2007年1月、日本国内の子どもの支援のために創立された団体です。「日本の子どもたちの笑顔のために」をテーマに、企業・行政・法...

 
一宮市の1パーセント支援制度:「税金の使い方を市民が決める」仕組み

2017年09月11日

ニュースレター

 

一宮市の1パーセント支援制度:「税金の使い方を市民が決める」仕組み

町内の清掃活動やパトロール、あるいは市民の健康や趣味のための活動など、「市民(町民・村民)による、市民のための活動」は数多く行われています。この記事をお読み...

 
東京都、家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業

2017年09月04日

省エネ

 

東京都、家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業

東京都は2017年5月26日、「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」の開始日を発表した。白熱電球2個以上を地域の家電店に持参するとLED電球1個を提...

 
 「地場産の学校給食を」~入善町の取り組み

2017年08月31日

ニュースレター

 

「地場産の学校給食を」~入善町の取り組み

「地消地産」の取り組みが各地で進んでいる分野の1つが「学校給食」です。2005年に施行された食育基本法に基づき、2006年より策定されている第3次食育推進基...

 
個人の「協働」地域の力に

2017年08月27日

震災復興

 

個人の「協働」地域の力に

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2017年2月...

 
公害の経験を活かし、持続可能な社会に貢献

2017年08月22日

ニュースレター

 

公害の経験を活かし、持続可能な社会に貢献

北九州市は、日本列島の西端、九州の最北端に位置し、近代以降日本有数の重工業地帯として、また国際貿易港として発展を遂げています。その一方で、1960年代には、...

 
パシフィコ横浜、施設内廃棄物で発電し電力コスト削減

2017年08月16日

3R・廃棄物

 

パシフィコ横浜、施設内廃棄物で発電し電力コスト削減

神奈川県横浜市に所在する国内最大級の複合MICE施設、横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)は2017年3月27日、施設内で排出した廃棄物を燃料にした電力を同社...

 
組合員の意志で社会課題を主題とする事業に取り組む生協、生活クラブ

2017年08月11日

ニュースレター

 

組合員の意志で社会課題を主題とする事業に取り組む生協、生活クラブ

日本の市民事業は歴史的に、消費者を市民へと育てるとともに、社会の課題を相次いで事業の主題としてきたという共通点を持っています。中でも、21都道府県に跨り33...

 
日本気候リーダーズ・パートナーシップ、国際ビジネスイニシアチブへの参加を支援

2017年08月08日

企業活動

 

日本気候リーダーズ・パートナーシップ、国際ビジネスイニシアチブへの参加を支援

日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan-CLP)は2017年4月25日、RE100、EP100、EV100の国際ビジネスイニシアチブを主催する国際非...

 
京都大学、生物多様性を維持する新しい理論を提示

2017年08月04日

生態系・生物多様性

 

京都大学、生物多様性を維持する新しい理論を提示

京都大学フィールド科学教育センターの小林和也講師は2017年3月9日、植物の生物多様性維持には花粉と種子の生産比(性比)が重要な役割を果たしているとの新しい理...

 
被災地での新しいコミュニティづくりをめざして~石巻じちれんの取り組み

2017年07月31日

ニュースレター

 

被災地での新しいコミュニティづくりをめざして~石巻じちれんの取り組み

東日本大震災から6年が経ちました。昨年熊本県でも大きな地震があったこともあり、2011年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方の被災地への関心...

 
地域再生へ ビジョン共有

2017年07月27日

震災復興

 

地域再生へ ビジョン共有

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年11...

 
NEDO、洋上風況マップ「NeoWins」を公開、日本近海の水深や航路等多様な情報を一元化

2017年07月24日

環境技術

 

NEDO、洋上風況マップ「NeoWins」を公開、日本近海の水深や航路等多様な情報を一元化

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2017年3月23日、日本周辺の海域を対象とする洋上風況マップ「NeoWins」(全国版)を...

 
「製品ではなくサービスを売る」~ 日本海ガスの15年にわたる取り組みと実績

2017年07月21日

ニュースレター

 

「製品ではなくサービスを売る」~ 日本海ガスの15年にわたる取り組みと実績

資源のひっ迫や廃棄物・二酸化炭素の排出削減の必要性を背景に、世界中でサーキュラー・エコノミー(循環型経済)への取り組みが加速しています。 サーキュラー・エコ...

 
空気を使った風力発電出力安定化技術の実証試験始まる

2017年07月19日

環境技術

 

空気を使った風力発電出力安定化技術の実証試験始まる

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、早稲田大学、エネルギー総合工学研究所、神戸製鋼所は2017年4月20日、天候により出力が変動する風力発電を電力...

 
心の復興は置いてきぼり

2017年07月12日

震災復興

 

心の復興は置いてきぼり

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年12...

 
高齢化社会における健康医療福祉問題の現状と日本の役割

2017年07月09日

幸せ

 

高齢化社会における健康医療福祉問題の現状と日本の役割

日本は世界に先駆けて高齢化社会を経験している。高齢者の場合、病後に後遺症が残ることが多く、社会参加や社会貢献も難しくなるが、家に閉じこもらず、その人らしい暮...

 
楽しく歩いておトクに健康増進 ―― 健幸ポイントプロジェクト

2017年06月30日

ニュースレター

 

楽しく歩いておトクに健康増進 ―― 健幸ポイントプロジェクト

日本は、世界一の長寿国であると同時に、高齢化率が最も高い国でもあります。厚生労働省の調査によると、全人口における65歳以上の人口の割合は26.7%(2015...

 
2015年度温室効果ガス排出量、省エネ・再エネ効果で2010年度並みに下がる

2017年06月28日

地球温暖化

 

2015年度温室効果ガス排出量、省エネ・再エネ効果で2010年度並みに下がる

環境省は2016年12月6日、2015年度の温室効果ガス排出量の速報値を発表した。総排出量は13億2100万トン(CO2換算、以下同じ)で、2年連続の低下とな...

 
水素を大量に作れる新材料、再エネ水素製造の低コスト化に貢献

2017年06月23日

環境技術

 

水素を大量に作れる新材料、再エネ水素製造の低コスト化に貢献

産業技術総合研究所の研究グループが、水の電気分解で従来よりも水素を大量に製造できる電極材料を開発しました。節電・蓄電・発電の最新ニュースを発信しているスマ...

 
シェアビレッジ、多くの人でひとつの家を支える

2017年06月18日

市民社会・地域

 

シェアビレッジ、多くの人でひとつの家を支える

消滅の危機にある古民家を村に見立て、再生させていくプロジェクト「シェアビレッジ」の取り組みが、2015年から行われている。プロジェクトの根底にあるのは「村があ...

 
GDPが成長しつづけることは「必要」「可能」、ともに減少

2017年06月15日

ニュースレター

 

GDPが成長しつづけることは「必要」「可能」、ともに減少

技術の変化は、私たちの暮らしを目に見えるカタチで変えます。一方で、人々の価値観の変化は「なかなか目には見えない変化」として、時代の変化を後押しします。 JF...

 
神栖市、安全で持続可能な水素先進都市を目指す戦略策定

2017年06月11日

エネルギー政策

 

神栖市、安全で持続可能な水素先進都市を目指す戦略策定

茨城県神栖市は2017年3月17日、クリーンな新エネルギーとして期待される水素の活用を推進するために、「神栖市水素エネルギー利活用戦略」を策定したと発表した...

 
震災通じ地球規模の共感

2017年06月07日

震災復興

 

震災通じ地球規模の共感

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年11...

 
住民一人ひとりが無から有への一歩を、智頭町活性化の取り組み

2017年05月31日

ニュースレター

 

住民一人ひとりが無から有への一歩を、智頭町活性化の取り組み

地方創生の先進的な取り組みを行っている地域として、よく名前が挙げられる町の1つが智頭町です。智頭町は、岡山県と接する鳥取県の南東に位置し、鳥取市から特急で3...

 
東京オリンピック・パラリンピックのメダルは都市鉱山からつくる

2017年05月25日

3R・廃棄物

 

東京オリンピック・パラリンピックのメダルは都市鉱山からつくる

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2017年2月1日、東京2020大会の入賞メダル制作において、原材料の金・銀・銅は、携帯電話や小型家電等か...

 

Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ