Civil Society
市民社会の動き

持続可能な社会をつくるのは、政府や自治体、企業だけではありません。市民社会の力不足がしばしば指摘されながらも、環境や福祉など、さまざまな分野でNGO・NPOや市民が活躍しています。ネットメディアの発達もあり、個人が声をあげやすい環境も整ってきました。世界の市民社会との連携も視野に、市民発の取り組みを伝えます。
 
2017年10月10日
共有する
 
暮らしている地域から、お店がなくなってしまうかもしれない。そんな時、私たちには何ができるでしょうか? 日本の地方では、人口減少と高齢化が進み、日用品を売って...
 
2017年09月29日
共有する
 
資源エネルギー庁は2017年8月9日、エネルギー基本計画について「総合エネルギー調査会基本政策分科会(以下、基本政策分科会)」を開催し、議論を開始しました。...
 
2017年09月16日
共有する
 
特定非営利活動法人キッズドアは2007年1月、日本国内の子どもの支援のために創立された団体です。「日本の子どもたちの笑顔のために」をテーマに、企業・行政・法...
 
 
一宮市の1パーセント支援制度:「税金の使い方を市民が決める」仕組み
2017年09月11日
共有する
 
町内の清掃活動やパトロール、あるいは市民の健康や趣味のための活動など、「市民(町民・村民)による、市民のための活動」は数多く行われています。この記事をお読み...
 
 
 「地場産の学校給食を」~入善町の取り組み
2017年08月31日
共有する
 
「地消地産」の取り組みが各地で進んでいる分野の1つが「学校給食」です。2005年に施行された食育基本法に基づき、2006年より策定されている第3次食育推進基...
 
個人の「協働」地域の力に
2017年08月27日
共有する
 
東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2017年2月...
 
 
公害の経験を活かし、持続可能な社会に貢献
2017年08月22日
共有する
 
北九州市は、日本列島の西端、九州の最北端に位置し、近代以降日本有数の重工業地帯として、また国際貿易港として発展を遂げています。その一方で、1960年代には、...
 
被災地での新しいコミュニティづくりをめざして~石巻じちれんの取り組み
2017年07月31日
共有する
 
東日本大震災から6年が経ちました。昨年熊本県でも大きな地震があったこともあり、2011年3月11日の東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方の被災地への関心...
 
 
地域再生へ ビジョン共有
2017年07月27日
共有する
 
東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年11...
 
シェアビレッジ、多くの人でひとつの家を支える
2017年06月18日
共有する
 
消滅の危機にある古民家を村に見立て、再生させていくプロジェクト「シェアビレッジ」の取り組みが、2015年から行われている。プロジェクトの根底にあるのは「村があ...
 
 
住民一人ひとりが無から有への一歩を、智頭町活性化の取り組み
2017年05月31日
共有する
 
地方創生の先進的な取り組みを行っている地域として、よく名前が挙げられる町の1つが智頭町です。智頭町は、岡山県と接する鳥取県の南東に位置し、鳥取市から特急で3...
 
一人ひとりが輝く持続可能なまちづくり
2017年03月12日
共有する
 
人口約2,500人の山形県東置賜郡川西町吉島地区・全725世帯が加入する特定非営利活動法人きらりよしじまネットワーク(以下きらり)は、地域のコーディネーター...
 
 
 

Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ