Policy / Systems / Technology
政策・制度・技術

持続可能な社会に向けて、技術や政策・制度のイノベーションが必要です。さまざまな政策や制度の実効性をさらに高めるには何が必要でしょうか? ハイテクからローテクまで、どのような技術があれば、持続可能な社会を実現できるのでしょうか?
 
2018年07月20日
共有する
 
アサヒグループホールディングスは2018年5月15日、ビール工場の排水処理工程から得たバイオメタンガス(バイオガス)を、固体酸化物形燃料電池(SOFC)発電に...
 
2018年07月15日
共有する
 
大阪市立大学は2018年4月25日、濃緑色単細胞微細藻類スピルリナの光合成機能による太陽光エネルギーを利用し、水と二酸化炭素(CO2)を原料として発電し、同時...
 
2018年07月06日
共有する
 
環境省は2017年度から、家庭・業務・運輸部門のCO2排出削減を目的に、行動科学を活用した新たな政策手法「ナッジ」の効果を検証している。ナッジ(nudge)は...
 
 
京都大学、砂漠の洪水を灌漑用水に変える
2018年07月04日
共有する
 
京都大学は2018年3月、同大学とヨルダンのムタ大学による国際研究グループが、砂漠の洪水を収集して貯水池に蓄え灌漑用水に変換するシステムを提案し、そのプロトタ...
 
首都圏の消費者と地域の生産者を結ぶ風力発電 生活クラブの取り組み
2018年06月15日
共有する
 
全国32の生活協同組合の連合会である生活クラブ(正式名称:生活クラブ事業連合生活協同組合連合会)は、生活に必要な食料を自分たち自身で購入することを基本として...
 
 
雑草で再エネ発電を実現、電力と熱は農業に生かす
2018年05月04日
共有する
 
雑草からメタンガスを取り出し、そのままガスエンジンで発電する手法が開発されました。放置された稲わらなどから発生し、地球温暖化にもつながるメタンガスを有効利用...
 
水と太陽光で水素製造、「世界初」可視光で実現
2018年04月12日
共有する
 
節電・蓄電・発電の最新ニュースを発信しているスマートジャパンの許可を得て2017年6月1日に掲載された記事を転載し、可視光を用いた水素製造研究の成果をご紹介...
 
 
日本、水素社会を実現するため「水素基本戦略」策定
2018年04月08日
共有する
 
日本政府は2017年12月26日、世界に先駆けて水素社会を実現するため、2050年を視野に将来目指すべきビジョンと、その実現に向けた2030年までの行動計画を...
 
東大、京大、NIMS、発火しない安全な高性能電解液を開発
2018年04月04日
共有する
 
東京大学、京都大学、物質・材料研究機構(NIMS)は2017年11月28日、リチウムイオン電池など充放電ができる二次電池の既存の可燃性有機電解液に代わる、消火...
 
 
「未来カルテ」2040年の全国市町村の状況予測を一般公開
2018年02月19日
共有する
 
千葉大学大学院の倉阪秀史教授らは2017年10月30日、全市町村に対応した「未来カルテ」発行プログラムを一般公開した。プログラムは、無料で提供されており誰でも...
 
理研、植物の耐塩性向上研究で成果
2018年02月08日
共有する
 
理化学研究所(理研)は2017年11月7日、環境資源科学研究センターにおいて植物の耐塩性に関わるヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)を発見したと発表した。塩害...
 
 
環境改善と環境保健で健康な生活を ~ 公害健康被害予防事業
2018年01月31日
共有する
 
日本経済は第二次世界大戦後に急速な成長を遂げ、工業生産力が飛躍的に向上しました。豊かさをもたらす一方で、重大な社会問題が発生。工場から排出されるばい煙、汚水...
 
理研、JST、東大、洗濯可能な超薄型有機太陽電池を開発
2018年01月16日
共有する
 
理化学研究所(理研)、科学技術振興機構(JST)、東京大学は2017年9月19日、共同研究の結果、衣服に貼り付けることができ、洗濯も可能な伸縮性と耐水性を持つ...
 
 
 

このテーマに関する
JFSの編集記事

ジャパン・フォー・サステナビリティ JFSの活動をご支援ください

 

Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ