最新記事一覧

アレフ ISO50001を取得、外食産業で国内初

2017年02月27日

企業活動

 

アレフ ISO50001を取得、外食産業で国内初

「びっくりドンキー」などのファミリーレストランを展開する株式会社アレフは2016年11月7日、北海道工場がエネルギーマネジメントシステム(EnMS)の国際規格...

 
健康で低炭素な未来へ、新潟市

2017年02月24日

市民社会・地域

 

健康で低炭素な未来へ、新潟市

米どころとして知られる新潟市は、信濃川と阿賀野川によって形成された越後平野の中心に位置しています。越後平野は、約3分の1が海抜0メートル以下。温暖化による海...

 
社会課題の解決へ、ソーシャルイノベーターを支援

2017年02月22日

エコ・ソーシャルビジネス

 

社会課題の解決へ、ソーシャルイノベーターを支援

2016年9月28日からの3日間、「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016」が開催されました。高度化・複雑化している社会課題の解決には、行政、企...

 
フェアトレードからエシカル消費へ:日本のフェアトレードタウン運動から

2017年02月18日

ニュースレター

 

フェアトレードからエシカル消費へ:日本のフェアトレードタウン運動から

フェアトレード運動は、先進国と発展途上国との経済格差から生じる南北問題の解消をめざして始まった、消費行動によって社会課題の解決に貢献できる取り組みです。深刻...

 
味の素株式会社、多様な人材が活躍する会社へ「働き方改革」

2017年02月15日

企業活動

 

味の素株式会社、多様な人材が活躍する会社へ「働き方改革」

総合食品メーカーの味の素株式会社は2016年5月12日、人財のダイバーシティを進めるための基盤整備の取り組みとして、「働き方改革」を実行することを発表した。性...

 
徳島県、「脱炭素社会」への新たな羅針盤となる条例を制定

2017年02月12日

政策・制度

 

徳島県、「脱炭素社会」への新たな羅針盤となる条例を制定

徳島県は2016年11月10日、「徳島県脱炭素社会の実現に向けた気候変動対策推進条例」を制定したことを発表した。温室効果ガスの排出を抑制する「緩和策」と、気候...

 
環境経済観測調査、環境ビジネスは好況維持

2017年02月09日

エコ・ソーシャルビジネス

 

環境経済観測調査、環境ビジネスは好況維持

資本金2000万円以上の民間企業を対象に実施された調査によると、環境ビジネスの業況は概ね好調さを維持。半年先、10年先ともに好調な業況の維持を見込んでいます...

 
NPO法人POSSE、若者自身の手で格差社会に切り込む!

2017年02月05日

幸せ

 

NPO法人POSSE、若者自身の手で格差社会に切り込む!

NPO法人POSSEは、職場の問題に取り組むと同時に、若者自身がこれからの社会のあり方の決定に参加していくための団体として、2006年に結成された。20代を中...

 
「徳」を評価する制度で社員の成長をサポート

2017年01月31日

ニュースレター

 

「徳」を評価する制度で社員の成長をサポート

2015年6月号のニュースレターでは、東洋思想から見た経済成長について、老荘思想研究者で一般社団法人「東洋と西洋の知の融合研究所」理事長、田口佳史さんへのイ...

 
周辺環境への配慮大切

2017年01月29日

生態系・生物多様性

 

周辺環境への配慮大切

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年9月...

 
竹中工務店、植栽空間による都市型水害リスク低減に向け実証を開始

2017年01月26日

企業活動

 

竹中工務店、植栽空間による都市型水害リスク低減に向け実証を開始

大手総合建設会社の竹中工務店は2016年8月9日、植栽空間を活用した雨水の貯留・浸透空間「レインスケープ」(商標登録出願済)の実証開始を発表した。水質改善の効...

 
パタゴニア プロビジョンズ、食物連鎖を取り戻す

2017年01月23日

企業活動

 

パタゴニア プロビジョンズ、食物連鎖を取り戻す

アウトドアウェア・メーカーのパタゴニア日本支社は2016年9月15日、新しい食品ビジネス「パタゴニア プロビジョンズ」を本格的に開始することを発表した。「最高...

 
誰でも科学の視点で環境・社会課題解決に貢献 「市民科学」とは?

2017年01月19日

ニュースレター

 

誰でも科学の視点で環境・社会課題解決に貢献 「市民科学」とは?

様々な環境・社会問題を解決するには、専門家だけではなく市民の協力も必要です。一般社団法人生物多様性アカデミー代表理事、東京都市大学特別教授として環境分野で活...

 
世界最大のCO2フリー水素製造を福島県で、仕様検討が始まる

2017年01月15日

環境技術

 

世界最大のCO2フリー水素製造を福島県で、仕様検討が始まる

政府が進める、福島県を再生可能エネルギーと水素エネルギーのモデル地域として発展させる「福島新エネ社会構想」。節電・蓄電・発電の最新ニュースを発信しているスマ...

 
水で作れる電解液を新発見、リチウムイオン電池を安く安全に

2017年01月09日

環境技術

 

水で作れる電解液を新発見、リチウムイオン電池を安く安全に

東京大学の研究グループが、リチウムイオン電池の安全性向上や価格低減に貢献できる可能性がある、無毒な水をベースとした電解液を発見しました。節電・蓄電・発電の最...

 
時価総額上位日本企業のCSRレポート、約4割がSDGsに言及

2017年01月03日

企業活動

 

時価総額上位日本企業のCSRレポート、約4割がSDGsに言及

日本企業のSDGsへの取り組みに関する調査によると、株価時価総額上位100社のうち38社が、CSRレポートや統合報告書でSDGsに関する開示を行っている。世界...

 
被災地・石巻の今(後編)

2016年12月29日

ニュースレター

 

被災地・石巻の今(後編)

前号では、「サードステージ」という団体を立ち上げ、石巻で被災者の新たな歩みをサポートする活動を行っている杉浦達也さんからお話を伺い、被災時の状況や、石巻牡鹿...

 
いわきの杉材から逸品

2016年12月26日

震災復興

 

いわきの杉材から逸品

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年8月...

 
被災地・石巻の今(前編)

2016年12月23日

ニュースレター

 

被災地・石巻の今(前編)

震災から5年半近く。杉浦達也さんは、より暮らしやすい地域を目指してサードステージという団体を立ち上げ、被災者の新たな歩みをサポートする活動を行っています。 ...

 
富士通、ICTの提供により温室効果ガス約4000万トンの排出量削減に貢献

2016年12月19日

企業活動

 

富士通、ICTの提供により温室効果ガス約4000万トンの排出量削減に貢献

通信・情報処理システム等の大手メーカーの富士通グループは2016年8月9日、「富士通グループ環境報告書2016」を公開した。2015年度は、ICTの提供により...

 

2016年12月16日

環境技術

 

"湿度の揺らぎ"を動力源とする環境発電技術、半永久駆動が可能に

理化学研究所などによる研究グループは、通常の環境に存在する湿度の揺らぎをエネルギー源として半永久的に駆動する薄膜アクチュエーターを開発しました。節電・蓄電・...

 
電力小売全面自由化への期待と電力システムの課題

2016年12月13日

ニュースレター

 

電力小売全面自由化への期待と電力システムの課題

日本でも、2016年4月から電力小売りの全面自由化がスタート。一般家庭や小規模事業所(低圧契約)の消費者も、これまでの地域独占の大手電力会社以外に、電力会社...

 
日本の再生可能エネルギーの現状

2016年12月13日

再生可能エネルギー

 

日本の再生可能エネルギーの現状

日本はパリ協定の批准が遅れ、2016年11月4日のパリ協定発効時の参加国にその名を連ることがでなかったことなど、国際社会から気候変動問題への取り組み姿勢を問われ...

 
エネルギーの完全自給自足を目指す浜松市、スマートな政令指定都市へ

2016年12月10日

市民社会・地域

 

エネルギーの完全自給自足を目指す浜松市、スマートな政令指定都市へ

電力の地産池消を目指す浜松市は、2016年6月29日~7月1日に開催された太陽光発電の総合展示会「PVJapan2016」で講演。「浜松版スマートシティ」実...

 
LIXIL調査、衛生環境の未整備による世界の経済損失は約22兆円

2016年12月07日

企業活動

 

LIXIL調査、衛生環境の未整備による世界の経済損失は約22兆円

幅広い建材・設備機器と住関連サービスを提供するグローバル企業LIXILグループは2016年8月25日、衛生環境の未整備が世界経済にもたらす損失に関する調査報告...

 
生活者調査、3人に1人が法令遵守以上の取り組みを特別に評価

2016年12月04日

エコ・ソーシャルビジネス

 

生活者調査、3人に1人が法令遵守以上の取り組みを特別に評価

ヤラカス舘SoooooS.カンパニーが2016年3月に実施したアンケート調査によると、環境や人、社会への配慮に関して、法令遵守以上の配慮をしている商品に価値...

 
余っている所から足りない所へ「食」をつなぐフードバンク関西

2016年11月30日

ニュースレター

 

余っている所から足りない所へ「食」をつなぐフードバンク関西

日本では、まだ食べられるのに廃棄されてしまういわゆる「食品ロス」が、年間500万~800万トンにもおよびます。これは、1年間のコメ収穫量にも匹敵する量です。...

 
日本の高齢者の半数以上、「老後の蓄えが足りない」と回答、米国の2倍以上に及ぶ

2016年11月27日

お金の流れ

 

日本の高齢者の半数以上、「老後の蓄えが足りない」と回答、米国の2倍以上に及ぶ

2016年5月、内閣府は『平成27年度版高齢化白書』を発表しました。同白書に掲載されている国際比較研究によると、「老後の備えとして貯蓄や資産が足りない」と回答...

 
東日本大震災・福島第一原発事故から5年半、福島で今なおつづく避難生活

2016年11月24日

ニュースレター

 

東日本大震災・福島第一原発事故から5年半、福島で今なおつづく避難生活

東日本大震災・福島第一原発事故から5年半がたちました。この間、世界の他の地域でも大きな災害が起きたり、日本でも熊本地震が大きな被害をもたらしました。今では「...

 
囲わず築いたコミュニティー

2016年11月21日

震災復興

 

囲わず築いたコミュニティー

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年5月...

 
JR東日本、女性社員の活躍推進を目指し、行動計画を公表

2016年11月18日

企業活動

 

JR東日本、女性社員の活躍推進を目指し、行動計画を公表

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2016年3月30日、女性活躍推進法に基づく「一般事業主行動計画」を公表した。女性社員の育成と定着に主眼を置き、「採用」「育成・...

 
成長に向けて大きく変化、日本のサステナブル投資市場

2016年11月15日

ニュースレター

 

成長に向けて大きく変化、日本のサステナブル投資市場

日本のサステナブル投資は、これまで個人投資家が中心だったため、世界の市場規模の1,000分の1にも満たない非常に小さいものでした。 JFSニュースレター N...

 
エネルギー革新戦略で「強い経済」と「CO2抑制」を両立

2016年11月06日

エネルギー政策

 

エネルギー革新戦略で「強い経済」と「CO2抑制」を両立

経済産業省は2016年4月18日、「エネルギー革新戦略」を決定しました。2015年7月にエネルギーミックス策定にあたって設定した、徹底した省エネによる35%...

 
「お金の使い方」を変える地域通貨「ぶんじ」

2016年10月31日

ニュースレター

 

「お金の使い方」を変える地域通貨「ぶんじ」

日本は、会話をしなくても買物ができる便利な社会です。町中にある自動販売機やインターネットでの買物は言うまでもなく、スーパーやコンビニエンス・ストアでも会話を...

 
LIXIL、新興国向け簡易式トイレ『SaTo』累計使用台数100万台突破へ

2016年10月27日

企業活動

 

LIXIL、新興国向け簡易式トイレ『SaTo』累計使用台数100万台突破へ

総合住生活の大手企業LIXILグループは2016年5月31日、新興市場向けに展開する簡易式トイレ「SaTo(Safe Toilet/安全なトイレ)」の累計使用...

 
森林総研、土壌から放出されるCO2のマップを作成

2016年10月23日

地球温暖化

 

森林総研、土壌から放出されるCO2のマップを作成

国立研究開発法人森林総合研究所は2016年3月16日、国立研究開発法人国立環境研究所、ドイツ連邦共和国マックスプランク研究所との共同研究により、土壌から大気へ...

 
地域未来塾――地域で子どもたちの未来を育む日本の取り組み

2016年10月18日

ニュースレター

 

地域未来塾――地域で子どもたちの未来を育む日本の取り組み

「子ども達の貧困が深刻である」という認識が日本では大きくなりつつあります。子どもの貧困は、本人や家族の健康や幸福度のみならず、進学率や将来就くことができる職...

 
味の素 スポーツにおける栄養サポートを障がい者に拡大し、障がい者スポーツの技術力向上に貢献

2016年10月13日

共生社会

 

味の素 スポーツにおける栄養サポートを障がい者に拡大し、障がい者スポーツの技術力向上に貢献

総合食品メーカーの味の素は2016年4月21日、日本ブラインドサッカー協会とパートナーシップおよび日本代表スポンサーシップ契約を締結したことを発表した。同協会...

 
LGBTの人々が働きやすい職場づくりをめざして

2016年10月10日

ニュースレター

 

LGBTの人々が働きやすい職場づくりをめざして

任意団体 work with Pride(wwP)は2016年6月、LGBTなどの性的マイノリティ(LGBT)に関する企業の取り組みを評価する指標を、日本で...

 
こころにかかる雲 取り払う

2016年10月06日

レジリエンス

 

こころにかかる雲 取り払う

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年3月...

 
長寿日本一の長野県、健康で長生きの秘密は?

2016年09月30日

ニュースレター

 

長寿日本一の長野県、健康で長生きの秘密は?

高齢になっても元気で生き生きと暮らせる健康な社会づくりは、世界のどの地域にとっても重要な課題です。日本人の平均寿命は2014年の時点で、男女とも過去最高を更...

 
日本海に洋上風力発電が広がる未来、地熱とバイオマスでも電力を増やす

2016年09月26日

再生可能エネルギー

 

日本海に洋上風力発電が広がる未来、地熱とバイオマスでも電力を増やす

秋田県の沖合3カ所で洋上風力発電所の建設計画が進んでいます。陸上でも風力発電が拡大する一方、地熱やバイオマス発電の開発プロジェクトが活発になってきました。節...

 
ふるさと納税制度:どこに暮らしていても「ふるさと」を支援する仕組み

2016年09月19日

ニュースレター

 

ふるさと納税制度:どこに暮らしていても「ふるさと」を支援する仕組み

日本には、暮らしている地域に関わりなく、自分が応援したい地方自治体に寄附ができる「ふるさと納税」という名前の制度があります。ふるさと納税は、現在、大変な人気...

 
自給自足でつながる

2016年09月14日

震災復興

 

自給自足でつながる

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2016年2月...

 
地域経済循環分析による地域づくり ~ 水俣市の事例

2016年09月11日

ニュースレター

 

地域経済循環分析による地域づくり ~ 水俣市の事例

地域経済をいかに持続可能なものにするかは、地域に住んでいる人々の持続可能性と幸福・レジリエンスにとって大きな鍵を握っています。環境省では、こういった観点から...

 
連合総研調査:「私生活を重視したい」勤労者は6割以上、しかし現実は?

2016年09月08日

幸せ

 

連合総研調査:「私生活を重視したい」勤労者は6割以上、しかし現実は?

2016年5月、連合総合生活開発研究所が発表した『第31回勤労者短観』によると、仕事と私生活のバランスについて、「私生活を重視したい」と回答した人は63.5%...

 
電力の自給率100%超の市町村が100カ所に、都道府県別では大分県が1位

2016年09月04日

再生可能エネルギー

 

電力の自給率100%超の市町村が100カ所に、都道府県別では大分県が1位

全国各地で再生可能エネルギーの導入量が拡大して、地域ごとの電力自給率が上昇しています。自給率が100%を突破した市町村は、2015年3月末の時点で100カ所...

 
オリンピックの金メダルを都市鉱山から!

2016年08月31日

ニュースレター

 

オリンピックの金メダルを都市鉱山から!

2016年6月号のニュースレターでは、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックでは「持続可能性」の側面が重視されることをお伝えし、持続可能な...

 
温室効果ガス削減に向けた「気候変動・経済社会戦略」 環境省が公表

2016年08月26日

エネルギー政策

 

温室効果ガス削減に向けた「気候変動・経済社会戦略」 環境省が公表

環境省は2016年2月28日、温室効果ガスの長期大幅削減と経済・社会的課題解決に向けた提言を発表しました。長期における温室効果ガスの大幅削減と、日本が直面す...

 
鉄道初の試み開始、「太陽光+水素」で安心を得る

2016年08月21日

環境技術

 

鉄道初の試み開始、「太陽光+水素」で安心を得る

エネルギー源としての水素の用途が広がり続けています。2017年春には、鉄道初の事業が始まります。太陽光発電システムから電力を得て、余剰分を水素ガスとして蓄積...

 

Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ