最新記事一覧

折り鶴に託された平和への願いをつなぐ

2016年05月23日

市民社会・地域

 

折り鶴に託された平和への願いをつなぐ

広島への原爆投下から70年余り。平和記念公園にある「原爆の子の像」には、平和への思いと祈り、夢や願いが託された折り鶴が、今も世界各国から届けられています。こ...

 
長野県南佐久郡川上村:農業を軸とした取り組みにより豊かになった寒村

2016年05月20日

ニュースレター

 

長野県南佐久郡川上村:農業を軸とした取り組みにより豊かになった寒村

人口約4,500人が暮らす長野県南佐久郡川上村は、標高約1,200メートル、年間の平均気温は8.5度(北海道でも平均気温は9.8度です)の、四方を山に囲まれ...

 
強風でも発電できる「台風発電」実現へ、マグナス力を利用した垂直軸型

2016年05月14日

環境技術

 

強風でも発電できる「台風発電」実現へ、マグナス力を利用した垂直軸型

強風でも発電できる「台風発電」を開発、実用化することで、日本での風力発電の普及を加速させようとする取り組みが進められています。節電・蓄電・発電の最新ニュース...

 
過去に学ぶ~甲府盆地の治水システム

2016年05月11日

ニュースレター

 

過去に学ぶ~甲府盆地の治水システム

気候変動の影響の顕在化か、世界各地で大雨や洪水が増えています。日本でも、以前には考えられなかったほど、短時間に大量の雨が降るようになり、河川の氾濫や洪水、土...

 
エネルギーの地産地消で町が変わる、自治体が電力の小売に乗り出す

2016年05月05日

市民社会・地域

 

エネルギーの地産地消で町が変わる、自治体が電力の小売に乗り出す

電力会社を頂点とする従来の市場構造を転換する試みが、全国各地に広がっています。自治体が主導して再生可能エネルギーを増やしながら、同時に地域内で消費できる循環...

 
助け合いの絆が支える「コミュニティ・カーシェアリング」

2016年04月28日

ニュースレター

 

助け合いの絆が支える「コミュニティ・カーシェアリング」

日本の東北地方は、もともと公共交通が十分に整備されていない地域が多く、車は生活必需品でした。そんな東北地方を2011年3月11日、巨大な地震と津波が襲いまし...

 
福岡県みやま市 エネルギー地産地消で2015年度グッドデザイン金賞を受賞

2016年04月25日

エネルギー政策

 

福岡県みやま市 エネルギー地産地消で2015年度グッドデザイン金賞を受賞

福岡県みやま市は2015年10月30日、公益財団法人日本デザイン振興会が主催した2015年度グッドデザイン・ベスト100の中からさらに厳選され、明日の生活と産...

 
こども食堂――こどもたちに暖かい食事と居場所を提供する取り組み

2016年04月21日

ニュースレター

 

こども食堂――こどもたちに暖かい食事と居場所を提供する取り組み

必要な人に食べ物を届けようという取り組みは、発展途上国でも先進国でも行なわれています。例えば、食品が廃棄処分される前に食べ物に困っている施設や人に届けるフー...

 
LIXIL、富士ゼロックス 省エネ大賞を受賞

2016年04月17日

省エネ

 

LIXIL、富士ゼロックス 省エネ大賞を受賞

省エネルギーセンターは2016年1月19日、2015年度省エネ大賞の受賞者が決定したことを発表した。JFS法人会員からは、総合住生活の大手企業LIXIL、オフ...

 
東日本大震災の被災地宮城県石巻市から、女性達からのメッセージ

2016年04月14日

ニュースレター

 

東日本大震災の被災地宮城県石巻市から、女性達からのメッセージ

東日本大震災から5年が過ぎました。被災された人々はどのような思いで、どのような暮らしを営んでいるのでしょうか。今号では被災地・石巻市で女性達に被災体験の聞き...

 
地域に学ぶ被災地ツアー

2016年04月11日

震災復興

 

地域に学ぶ被災地ツアー

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2015年10...

 
仲間たちとの協力と協働を通して ~ ecoconから学んだこと

2016年04月07日

教育

 

仲間たちとの協力と協働を通して ~ ecoconから学んだこと

全国大学生環境活動コンテスト(ecocon)は2003年以来、年に1回のペースで開催されています。全国から環境活動を行っている高校生・大学生・大学院生が集ま...

 
竹中工務店、マルチ電源を活用するシステムを開発 CO2削減にも効果

2016年04月04日

省エネ

 

竹中工務店、マルチ電源を活用するシステムを開発 CO2削減にも効果

大手総合建設会社の竹中工務店は2015年9月25日、電力システム改革に適合した新しいエネルギーマネジメントシステム「I.SEM(アイセム)」を開発、導入したこ...

 
東日本大震災から5年 ~ 福島視察から

2016年03月31日

ニュースレター

 

東日本大震災から5年 ~ 福島視察から

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、地震と津波による1万5000人を越える死者、今なお2,500人を越える行方不明者を出す大惨事となった上、福島第...

 
酵素と微生物で燃料製造、日本の技術がタイで生きる

2016年03月25日

環境技術

 

酵素と微生物で燃料製造、日本の技術がタイで生きる

タイでは、国産の植物原料からエタノールを生産し、ガソリンに添加するとり組みが進んでおり、日本企業のバイオ技術が役立てられようとしています。節電・蓄電・発電の...

 
「アンモニア火力発電」がいよいよ実現か、41.8kWガスタービン発電に成功

2016年03月20日

環境技術

 

「アンモニア火力発電」がいよいよ実現か、41.8kWガスタービン発電に成功

産業技術総合研究所 再生可能エネルギー研究センター 水素キャリアチームは、東北大学 流体科学研究所との共同研究により、アンモニアを燃料とした41.8kWのガ...

 
これからの経済成長と持続可能な社会像

2016年03月16日

ニュースレター

 

これからの経済成長と持続可能な社会像

河口真理子氏は、大和総研・主席研究員としてCSR/ESG投資/エシカル消費の分野での研究を専門とされ、社会的責任投資フォーラムの共同代表理事も務めています。...

 
高鍋町の挑戦、クラウドファンディングであかりオブジェ事業継続を

2016年03月13日

市民社会・地域

 

高鍋町の挑戦、クラウドファンディングであかりオブジェ事業継続を

高鍋町まちなか商業活性化協議会は、2016年1月より、クラウドファンディング大手の「READYFOR」で、あかりオブジェ公開制作の支援を呼びかける新しい挑戦を...

 
避難道整備の署名提出

2016年03月10日

震災復興

 

避難道整備の署名提出

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2015年10...

 
持続可能な開発目標達成に向けて 15歳と語る

2016年03月07日

教育

 

持続可能な開発目標達成に向けて 15歳と語る

途上国の貧困問題解決に取り組む市民社会ネットワーク「動く→動かす」は2015年10月7日、イベント「15人の15歳と語る!15年後の世界と日本 ~SDGsを通...

 
奈良県北西部の町が一大

2016年03月04日

政策・制度

 

奈良県北西部の町が一大"実験都市"へ、小水力発電や空調自動制御システムなど

奈良県葛城市とリコージャパンは、葛城市民の生活の質の向上と地方創生に向けた連携協力に関する協定を締結。今後は「葛城市ラボラトリー・シティ構想」のもと、葛城市...

 
住民が作り守ってきた水路の水と住民の出資で小水力発電を!

2016年02月29日

ニュースレター

 

住民が作り守ってきた水路の水と住民の出資で小水力発電を!

岐阜県郡上市の、福井県にほど近い場所にある石徹白(いとしろ)地区。縄文時代から人が住み、昭和30年代までは人口1,200人ほどの集落でしたが、その後50年間...

 
下水汚泥から2500万kWhの電力、水素も取り出し燃料電池車が動く

2016年02月24日

再生可能エネルギー

 

下水汚泥から2500万kWhの電力、水素も取り出し燃料電池車が動く

埼玉県は、下水処理場で発生する汚泥を利用したバイオマス発電事業を行います。2019年から発電を開始し、2029年までに発電能力を一般家庭5,000世帯分にあ...

 
「市民の市民による市民のための金融」 ~ NPOバンク

2016年02月18日

ニュースレター

 

「市民の市民による市民のための金融」 ~ NPOバンク

私たちが毎日暮らすためには、ある程度のお金が必要です。特に、事業を興したり、地域を活性化したりしようと思うと、まとまったお金が必要になってきます。もちろん、...

 
COP21の成功を願い ~ アースパレード2015東京・京都

2016年02月15日

地球温暖化

 

COP21の成功を願い ~ アースパレード2015東京・京都

地球温暖化への対策では、世界中が協力して温室効果ガスの削減に取り組む必要があります。そのための枠組みを決める国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP2...

 
江戸時代の「持続可能な経済」から学び、活かす

2016年02月09日

ニュースレター

 

江戸時代の「持続可能な経済」から学び、活かす

加藤三郎氏は、環境行政の現場経験を経た後、NPO法人 環境文明21の代表理事として、環境への負荷が少なく、人々が心豊かに生きられる持続可能な環境文明社会の構...

 
地球環境関西フォーラム、持続可能なまちづくり情報を英語サイトで発信

2016年02月06日

市民社会・地域

 

地球環境関西フォーラム、持続可能なまちづくり情報を英語サイトで発信

産官学民で地球環境問題について議論し、研究や政策提言を行うとともに、市民に向けた意識啓発活動を行っている地球環境関西フォーラムは2015年11月、英文で「関西...

 
皆で植樹 防災緑地に

2016年02月03日

震災復興

 

皆で植樹 防災緑地に

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2015年9月...

 
日本政策投資銀行がサステイナビリティボンドを発行、国内初の発行体に

2016年02月01日

企業活動

 

日本政策投資銀行がサステイナビリティボンドを発行、国内初の発行体に

日本政策投資銀行(DBJ)は2015年10月21日、第1回サステイナビリティボンドを発行した。DBJの発表によると、発行総額は3億ユーロ。サステイナビリティボ...

 
地域内経済循環によって人口と経済を取り戻す(後編) ~ データでみる所得取り戻しの可能性

2016年01月29日

ニュースレター

 

地域内経済循環によって人口と経済を取り戻す(後編) ~ データでみる所得取り戻しの可能性

前号では、2015年10月26日に行なわれた島根県中山間地域研究センター研究統括監・藤山浩氏の講演から、毎年1%ずつ人口、所得を取り戻す「田園回帰1%戦略」...

 
未来へのアクションを創りだす「OPEN 2030 PROJECT」

2016年01月22日

エコ・ソーシャルビジネス

 

未来へのアクションを創りだす「OPEN 2030 PROJECT」

昔から存在する生産と消費のサイクルは、私達の生活と切っても切り離せないものです。しかし現在では、生産過多や過剰消費等、そのサイクルのバランスが崩れ、様々な問...

 
環境ビジネス業界に特化した採用支援で、日本の環境活動を推進!~グレイス

2016年01月19日

ニュースレター

 

環境ビジネス業界に特化した採用支援で、日本の環境活動を推進!~グレイス

日本は、今後、世界的にも大きな問題となると考えられている、人口減少・高齢化社会に突入しています。日本がこの難問にどのように立ち向かっていくのか、世界にとって...

 
WWFジャパン 2020年東京オリンピックに向けた提言を発表

2016年01月17日

市民社会・地域

 

WWFジャパン 2020年東京オリンピックに向けた提言を発表

国際的な環境保全団体WWF(世界自然保護基金)ジャパンは2015年10月15日、2020年東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京大会)を、日本が持続可...

 
地域内経済循環によって人口と経済を取り戻す(前編)~田園回帰1%戦略とLM3

2016年01月11日

ニュースレター

 

地域内経済循環によって人口と経済を取り戻す(前編)~田園回帰1%戦略とLM3

JFSでは、これからの私たちの幸せと地球環境の持続可能性の鍵は「地域」にあると考え、2013年4月より「地域の経済と幸せ」プロジェクトを進めてきました。幸せ...

 
花王・富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に選定

2016年01月09日

企業活動

 

花王・富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に選定

化粧品や洗剤など幅広い一般消費者向け製品事業を展開している大手企業の花王、および通信・情報処理システム等の大手メーカーの富士通は2015年9月、世界的な社会的...

 
妊婦、乳幼児へも支援を

2016年01月01日

震災復興

 

妊婦、乳幼児へも支援を

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2015年9月...

 
限界集落のトップランナー、再エネをとっかかりに「幸せ実感日本一の集落」へ!

2015年12月28日

ニュースレター

 

限界集落のトップランナー、再エネをとっかかりに「幸せ実感日本一の集落」へ!

日本は急激な人口減少社会に突入しました。1,799ある市区町村のうち、約半分が、このままだと「2040年までに20~39歳の若年女性人口が半減する」として「...

 
富士ゼロックス ミャンマー・タイで児童の教育格差是正のため教材提供プロジェクトを開始

2015年12月25日

企業活動

 

富士ゼロックス ミャンマー・タイで児童の教育格差是正のため教材提供プロジェクトを開始

オフィス機器・サービス大手の富士ゼロックスは2015年、ミャンマーとタイで、児童の教育格差是正への支援を目的とした教材提供プロジェクトを開始した。本プロジェク...

 
食べもの付きの情報誌、日本全国に拡大中

2015年12月21日

ニュースレター

 

食べもの付きの情報誌、日本全国に拡大中

2014年4月号のニュースレターでお伝えした「東北食べる通信」の取り組みが、国内各地に広がり始めています。「東北食べる通信」は、毎月1回、独自の哲学でおいし...

 
FUKU-FUKU×BTTF ごみで走る

2015年12月18日

3R・廃棄物

 

FUKU-FUKU×BTTF ごみで走る"デロリアン"が実現!

リサイクルインフラの構築・運営を行う日本環境設計は2015年10月21日、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンとともに、ごみを使用して動く"デロリア...

 
対極にあるものとのバランスを 経済成長と幸せ

2015年12月12日

ニュースレター

 

対極にあるものとのバランスを 経済成長と幸せ

大串哲史氏は、父親から経営を引き継いだ1店舗の理容室を、12年連続で2桁成長を続けるカットチェーンに成長させた、秀逸な経営者として知られています。これほどの...

 
体験発信し未来に貢献

2015年12月09日

震災復興

 

体験発信し未来に貢献

東日本大震災の被災者支援プロジェクト「JKSK結結プロジェクト」が、東京新聞への連載を通じて被災地復興の様子を伝える「東北復興日記」。今回は、2015年4月...

 
トヨタ自動車、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表

2015年12月07日

企業活動

 

トヨタ自動車、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表

トヨタ自動車は2015年10月14日、持続可能な社会の実現に貢献するための新たなチャレンジとして、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表した。気候変動、水不足...

 
BLACKSOX ~チャレンジテニス!で「全ての人」がつながる~

2015年12月04日

共生社会

 

BLACKSOX ~チャレンジテニス!で「全ての人」がつながる~

NPO法人BLACKSOXは、障がい者だけではなく、高齢者や外国籍の人達など、様々な人達が一緒に楽しめる新しいスポーツ、「バリアフリーテニス/チャレンジテニ...

 
コミュニティ・ハッピーソーラー!

2015年11月30日

ニュースレター

 

コミュニティ・ハッピーソーラー!

徳島県に、「自分たちのエネルギーを地域で開発し、地域の人が利益を享受できるようコーディネートする」事業を展開している一般社団法人があります。徳島地域エネルギ...

 
2014年全国で新設電力事業者が急増、前年比1.8倍

2015年11月28日

エネルギー政策

 

2014年全国で新設電力事業者が急増、前年比1.8倍

東京商工リサーチは2015年8月27日、2014年「電力事業者」の新設法人調査結果を発表した。全国で新設された電力事業法人は3,283社で前年比1.8倍、20...

 
COP21に向け、若者が意見を発信

2015年11月23日

地球温暖化

 

COP21に向け、若者が意見を発信

社会の中で若者が声を上げることにより、気候変動問題の解決を通じた衡平で持続可能な社会を実現しようと活動している団体があります。気候変動問題に高い関心、危機感...

 
「幸福度の高いまち」を目指して ながくて幸せのモノサシづくり

2015年11月20日

ニュースレター

 

「幸福度の高いまち」を目指して ながくて幸せのモノサシづくり

愛知県長久手市は、市長が提唱する「幸福度の高いまち」の実現を目指し、市民との協働活動を積極的に展開しています。さまざまな取り組みによって、長久手が理想とする...

 
エネルギー・食料の自給が可能な永続地帯、じわり増加

2015年11月15日

再生可能エネルギー

 

エネルギー・食料の自給が可能な永続地帯、じわり増加

千葉大学倉阪研究室と環境エネルギー政策研究所(ISEP)の共同研究「永続地帯研究会」では、日本国内の地域別の自然エネルギー供給の現状と推移などを把握し、「永続...

 
『お金の地産地消白書2014』~コミュニティ・ユース・バンクmomoの取り組み

2015年11月12日

ニュースレター

 

『お金の地産地消白書2014』~コミュニティ・ユース・バンクmomoの取り組み

NPO(Non Profit Organization)という言葉、皆さんも最近よく耳にするのではないでしょうか? 私たちジャパン・フォー・サステナビリティ...

 

Our Supporters 支援企業/団体

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ