市民社会の動き

2014年05月02日

 

小水力発電で地域づくり、岐阜県郡上市石徹白(いとしろ)

Keywords:  市民社会・地域  NGO・市民  再生可能エネルギー   

 

写真:石徹白の水力発電所設備
Copyright NPO法人地域再生機構
All Rights Reserved.

日本のほぼ中央に位置する岐阜県にある郡上市白鳥町石徹白では、2014年2月現在、3機の小水力発電設備が稼働している。人口減少が続く中、この地域が持続可能な集落になるよう、地域住民主体の地域づくり活動の支援を行っているNPO法人地域再生機構が、NPO法人やすらぎの里いとしろと協働して導入した。

石徹白は、約100世帯・270人の小さな集落。最大で1200人を数えた人口も、50年あまりの間に4分の1以下に減少した。地域再生機構が重視していることは、地元でできることは、なるべく地元でやるということ。電気制御や土木工事はすべて地元の人が手掛け、発電には集落内を流れる豊富な農業用水を活用している。

現在は、集落のエネルギー自給率100%以上を実現するために必要な、合計140kWの小水力発電所の建設に向けた組織作りを行っている。地元住民も出資することにより、将来的に地域に利益が還元される小水力発電所の実現を目指す。

English  

 


Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ