幸せ・レジリエンス

2015年05月18日

 

JCC2015、市民防災世界宣言「千年後に夢をこめて」を発表

Keywords:  レジリエンス  防災・減災 

 

写真:市民防災世界宣言「千年後に夢をこめて」
Copyright 2015防災世界会議日本CSOネットワーク All Rights Reserved.

2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)は2015年3月17日、自身が企画・運営、国連防災世界会議と並行して開催した「市民防災世界会議」において、市民からのメッセージを集約した市民防災世界宣言「千年後に夢をこめて」を発表した。延べ4,000名を超える市民参加者の中から集めたメッセージをひとつにまとめたもの。千年後を見据えた想いが綴られている。

〈参考〉
市民防災世界宣言「千年後に夢をこめて」

「市民防災世界会議」のメインイベントには、国連防災世界会議の責任者であるマルガレータ・ワレストロム国連事務総長特別代表も駆けつけた。難航する本体会議の合間を縫って、市民に向けてメッセージを発信したことは、市民力への期待のうねりが生じていることを象徴する出来事であった。

JCC2015はまた、原子力防災の教訓を市民目線でまとめたブックレット『福島10の教訓』を日本語、英語、韓国語、中国語、フランス語の5カ国語で刊行している。本体会議での議長からの「すばらしい本。ぜひ持って帰って」との発言もあり、1,000冊用意した英語版は一気に在庫切れになった。すでにイタリア語、ヒンディー語、アラビア語に訳したいとの問い合わせも入っており、東日本大震災における福島の教訓を世界に伝えていくツールとしての活用が期待される。ブックレットをより多くの言語に翻訳し、普及するため、寄付も募集している。

〈参考〉
福島ブックレット(寄付の詳細はこちらから)

English  

 


このテーマに関する
JFSの編集記事

Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ