ニュースレター

2016年01月19日

 

環境ビジネス業界に特化した採用支援で、日本の環境活動を推進!~グレイス

Keywords:  ニュースレター  企業活動 

 

JFS ニュースレター No.160 (2015年12月号)

写真
Copyright 株式会社グレイス All Rights Reserved.

日本は、今後、世界的にも大きな問題となると考えられている、人口減少・高齢化社会に突入しています。日本がこの難問にどのように立ち向かっていくのか、世界にとっての良き先例となることが期待されています。

環境分野の人材ソリューション事業を展開しているJFS法人会員のグレイスは、2015年12月に創業20年を迎えました。持続可能な社会の実現を目指す環境分野において、人口減少・高齢化社会を迎え労働人口が減少する中でも企業がバランスの取れた雇用を維持できるよう、人材ソリューションのあり方を模索しています。

今月号のニュースレターでは、グレイスが新たに取り組んでいる、環境ビジネス業界に特化した新卒採用サポート「エコリク(合同企業説明会)」についてお伝えします。

グレイスの事業

ひとりひとりが、自分の仕事が社会の役に立っていることを自覚し、それを社会が認めていく。その循環こそが、健全で明るい未来へと導き、持続可能な社会をつくっていくとグレイスは考えています。

グレイスが目指す社会は、誰もが意識を持って働き、この世界に生まれてきた意味を見いだすことの出来る社会です。「企業のニーズに合わせた人材マッチングを提供することで、ひとりひとりが活き活きと働ける、美しく豊かな持続可能な社会の実現」に向け、環境分野で成長する企業と働く人に最適のソリューションを提供しています。

グレイスが行っている人材ソリューション事業は、4種類に大別されます。

  1. 人材派遣。即戦力になる人材を必要な期間、必要な人数派遣しています。一定期間派遣スタッフとして就業して、企業とスタッフの双方の希望が一致した場合、直接雇用に切り替えるという紹介予定派遣にも対応しています。

  2. 人材紹介。企業と働く人に価値を生み出す「適材適所」を提案しています。企業が要望する人材を社員として紹介し、企業が面接・採用試験などを行います。

  3. 新卒採用支援。内定辞退を回避したい、大手求人サイトでは人が集まらない、などの悩みを解決。企業の要望に応える新卒人材を紹介しています。

  4. 求人広告掲載。環境ビジネス専門の求人webサイト「環境job.net」を運営、専門性の高い人材を効率よく採用できる環境を提供しています。

求人サイト

「環境job.net」は、特に専門性が求められる環境系人材、化学・電気・機械・バイオテクノロジーなど理系の求人サイトで、中途採用、新卒採用の双方に対応しています。高い専門性を備えたエンジニアやコンサルタントなど、理化学系、理工学系のバックグラウンドを持つ人材が常時登録しています。

掲載される求人情報で特徴的なのは、気候変動、化学、サステナビリティ、自然、エネルギー、水環境、CSR・社会貢献、ライフという8つの環境貢献ジャンルのどれに該当するかが表示されることです。求職者は、自分が希望する分野との一致・不一致を一目で見ることができます。

他に、環境ビジネスの世界で活躍する人の生の声を届けるインタビュー記事や、環境ビジネスの動向、環境に関するイベント、セミナーの情報など、求職者に役立つ情報が掲載されています。

kankyo-job.net

Copyright 株式会社グレイス All Rights Reserved.
http://www.kankyo-job.net/

エコリク

グレイスが2014年から新たに取り組んでいるのが、環境ビジネスを展開する企業の新卒採用を支援する合同企業説明会「エコリク」です。これまで2回、2015年卒予定学生向けに2014年2月14日、2016年卒予定学生向けに2015年4月25日に開催し、延べ13社の企業、220名の学生が参加しました。

写真:エコリク 
Copyright 株式会社グレイス All Rights Reserved.

2017年卒予定学生向けの「エコリク」は、2016年2月27日に実施されます。当日のスケジュールは2部構成になっており、第1部では、環境ビジネス業界を理解するための謎解き脱出ゲーム"世界環境崩壊カラノ脱出"を行います。

ゲームでは、学生を数人で構成されるチームに分けます。様々なジャンルの環境問題に対して、チーム内で協力して課題をひとつずつ解決していき、与えられた課題をすべて解決できれば、脱出成功! 学生は課題に向き合うことで、今どのような環境問題が注目されているのか、ビジネスとして成り立っているのか、という理解を深めることができます。

企業側はゲームには参加しませんが、ゲームを進める学生の様子を観察することで、個別面接では把握しきれない協調性やリーダーシップを確認することができます。

第2部は、企業ブースへのフリー訪問です。各企業が個別のブースに入り、学生は興味のある企業のブースを訪問します。企業担当者は、型通りの説明ではなく、訪れる学生の意欲や関心度等に合わせて個別の対応をすることができます。

過去2回も個別ブースを設けており、1回目は今回と同じ"フリー訪問方式"で行いました。2回目は、学生をグループに分け、時間を区切ってそれぞれ指定されたブースを訪問する"訪問先指定方式"に変更。実施後のアンケートを見ると"フリー訪問方式"が、学生にも企業にも好評だったため、今回は"フリー訪問方式"が採用されました。

過去の学生参加者からは、「企業担当の方と直接話ができ、様々な不安や疑問が払拭された」「環境ビジネスでも知らない分野があることに気づき、視野が広がった」「環境ビジネスの今後の成長の可能性を感じた」「地元ではなかなか希望の企業が見つからなかったが、エコリクで見つけることができ、北海道から来たかいがあった!」などの声が寄せられています。

企業担当者の声からも、「学生の目的意識がはっきりしているので、より突っ込んだ話がしやすい」「企業と学生の双方が相手を理解できる場になっている」「採用の幅が広がった」など、有意義な場になっていることが伺えます。

写真
Copyright 株式会社グレイス All Rights Reserved.

エコリクの取り組みでは、メインイベントである「合同企業説明会」の開催に加え、開催前の学生への事前学習、開催後の企業へのフォローも大切な要素になっています。

学生への事前学習としては、メールマガジンの配信と就職相談会の開催があります。メールマガジンは週1回配信し、出展企業へのインタビューや就職活動に関するQ&Aなど、就職活動に役立つ情報が掲載されています。

就職相談会は2015年12月19日と2016年1月16日の2回開催、3部構成になっています。第1部は、講演~環境ビジネスの動向・就職最前線~ です。最新の状況を、グレイスの講師が伝えます。

第2部は、環境企業の人事や若手社員によるトークセッション。環境企業の人事担当者や若手社員が、就職活動や面接、入社後の働き方など、現場の状況を赤裸々に語ります。参加者からの質問も受け付けており、学生の不安を払拭する絶好の機会です。

第3部は、個別進路相談会です。理系学生の就職支援を長年行っているグレイスのマッチングディレクターが、参加者の疑問・質問に答えます。

写真
Copyright 株式会社グレイス All Rights Reserved.

これらの学生への事前学習の機会を設けることで、「エコリク」での個別ブースでの面談を効率的・効果的に進めることができ、マッチングの精度が高まることが期待されます。

「エコリク」開催後は、エントリー希望の学生情報をグレイスから各企業に送ることに加え、求人サイト「環境job.net」やマッチングディレクターを活用して、企業の採用活動を継続的にサポートします。

エコリクの取り組みを通して、希望に沿った環境ビジネス業界の就職先を見つけ、持続可能な社会の実現に向けて活き活きと働いている。ひとりでも多くの学生が、そんな姿になれることを期待します。

〈参考〉
エコリク2017
https://www.kankyo-job.net/library/eco2017.html

〈JFS関連記事〉
人材派遣から人材ソリューションへ、活き活きとした企業と人こそが持続可能な社会を実現する ~ 株式会社 グレイス
http://www.japanfs.org/ja/news/archives/news_id029487.html

スタッフライター 田辺伸広

English  

 

Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ