About us私たちについて

 

2014年03月27日

 

4月22日(火) 5月29日(木) 6月25日(水) 開催: JFS 海外報告書を読む会 2014

写真:過去の勉強会の様子

あなたの企業からのCSR報告書などの環境・社会・ガバナンスなどの非財務情報は、日本基準の英訳には終わっていないでしょうか? どうすれば読んで欲しい利害関係者に読んでもらい、評価されるようなコミュニケーションができるようになるでしょうか?

 そうした悩みをお持ちの企業環境・CSR担当者の皆様で集まって、世界のCSR報告書あるいは統合報告書はどのように書かれているのか、一緒に勉強会で学びませんか?

 世界のCSR報告で評価される企業3社の最近の報告書について事前に情報をご案内し、勉強会ではJFSのスタッフがその特徴やポイントをひもとき、わかりやすく日本語で解説して、同じようなチャレンジを抱える他社の担当者の方達と一緒に議論します。

 報告書は、最近高い評価を得ていて、この勉強会でまだ取り上げてこなかった次の3つの企業を予定しています。

● ユニリーバ(蘭英、消費者向けブランド):CSR報告書&アニュアルレポート
● シスコ(米、業務向けメーカー):CSR報告書
● マーク&スペンサー(英、小売):統合報告書

JFSではCSR報告元年と呼ばれた2003年から数年間、海外で評価されている報告書を読む会を連続で実施しました。当時、環境報告は普及しはじめていましたが、社会や経済の報告についての知見が国内でほとんどなかった頃でもあり、法人会員の皆様から、CSR報告への拡充を図る上でどのように報告書をつくればよいかを一緒に学ぶ研鑽の場として、とても評価いただいてまいりました。この読む会に参加いただいた企業の多くはその後国内での環境報告、CSR報告表彰を受けるなど、日本でのCSR報告の潮流をつくることに役立てていただきました。

経済のグローバル化がさらに進み、日本企業の海外事業への比重が強まる今日、また海外の報告書についてあらためて学ぶ時が来ていると肌で実感しています。いかにして日本企業がその高邁な経営理念や強みのDNAを残しながら、組織全体での実践を広げ、財務でも社会でも結果を出し、利害関係者へのコミュニケーションやエンゲージメントを強化していけるか、是非ご一緒に学んでいきましょう。

第1回:4月22日(火) 18:30-20:45 @東京都千代田区・大手町周辺

        『ユニリーバ(蘭英、消費者向けブランド)の報告書を読む』

第2回:5月29日(木) 18:30-20:45 @東京都渋谷区・表参道周辺

        『シスコ(米、業務向けメーカー)の報告書を読む』

第3回:6月25日(火) 18:30-20:45 @東京都千代田区・大手町周辺

        『マーク&スペンサー(英、小売)の報告書を読む』

※会場の詳細は、ご参加の方に個別にお知らせします。

定員: 各回20名

対象: JFS 法人会員或いは情報発信パートナー企業
    イーズ未来共創フォーラム パートナー企業
    サステナブル・フード・ビジネス研究会 会員企業
    但し、会員・パートナー外でのオブザーバー参加を1回に限り承ります

参加費: 各回 3,000円/人
    (オブザーバー参加企業は8,000円/人)

講師: 小田 理一郎(JFS)
    枝廣 淳子(JFS)

主催: ジャパン・フォー・サステナビリティ
共催: イーズ未来共創フォーラム/有限会社イーズ
    サステナブル・フード・ビジネス研究会/有限会社チェンジ・エージェント

お問い合わせ先:
ジャパン・フォー・サステナビリティ事務局(担当:田辺)
メール:info[at]japanfs.org(スパム対策のため、正しく表記していません。[at]を@に変えてください)
TEL: 03-6638-6713 

JFSダイジェスト

「大転換」

Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ