企業・CSR

2017年10月25日

 

竹中工務店、自社ビルを改修し国内初のZEB化達成

Keywords:  企業活動  省エネ 

 

写真
Copyright 竹中工務店 All Rights Reserved.

建設大手の竹中工務店は2017年5月17日、同社東関東支店(千葉市中央区)のオフィスビルをネット・ゼロエネルギービルディング(ZEB)にすることを目指した改修を実施し、1年間の運用を行った結果、勤務を続けながらの改修で、ZEB化を達成した国内初の事例になったと発表した。

同ビルは、地上2階、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、延床面積は1,318平方メートル。2015年10月から2016年3月の間、以下の改修工事を行った。

  • 建物全体の外装を本格的に高断熱化
  • 自然採光・自然換気の最大利用制御、LED化
  • 地中熱・太陽熱の直接利用、負荷削減による設備機器等の小型化
  • PC端末のダウンサイジングなど

改修後の年間エネルギー消費量は、建物全体で403MJ/m2・年となり改修前に比べて71%削減された。最小限の太陽光発電によって創エネルギー量は417MJ/m2・年となり、エネルギー消費量を上回りプラスエネルギーを達成した。

同社は当プロジェクトで得られた知見を活かし、「ZEB Ready」「Nearly ZEB」「Net ZEB」といった顧客ニーズに応じたZEB化提案を行う考え。

English  

 


Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ