エコ・ソーシャルビジネス

2017年02月22日

 

社会課題の解決へ、ソーシャルイノベーターを支援

Keywords:  エコ・ソーシャルビジネス 

 



日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016 ウェブサイト
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016 ウェブサイト

2016年9月28日からの3日間、「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2016」が開催されました。高度化・複雑化している社会課題の解決には、行政、企業、NPO等団体、研究機関などのセクターを超えた協力体制が必要になると考え、各セクターが一同に会しました。「にっぽんの将来」について議論し、実践する場として開催されたフォーラムについてお伝えします。

フォーラムの開催にあたり、日本財団会長の笹川陽平氏は次のように述べています。


今、日本は少子高齢化やそれに伴う人口減少など社会構造の大きな転換点に立っています。課題先進国といわれる状況の中、行政だけで問題解決することが難しくなってきました。

今こそ、これまでにないイノベーティブな発想を持って課題に取り組むことが必要ではないでしょうか。そこで、新たな日本の将来を描き、それに向けた道筋を探る場が必要だと考え、このフォーラムを企画しました。

当日は、様々な課題に対し、私たちがどのような挑戦をしていくのか、舞台上で熱い議論が交わされるでしょう。フロアからの積極的な参加がこれをさらに意義深いものにしてくれるはずです。そして、このフォーラムは、議論だけに留まらず、この場から生まれたアイデアの実現を目指していきます。

問題の解決策を考え、行動するのは、私たち一人ひとりです。フォーラムを機に、互いに力を合わせることで、「みんながみんなを支える社会」をつくるために、共に努力しようではありませんか。社会を変えようという意気込みを持つ皆さんの積極的なご参加を心よりお待ちしています。

(ソーシャルイノベーションフォーラム2016「プログラム」より)


日本財団はフォーラム開催に先立ち、新たな発想と明確なビジョンでセクターを越えたチームを組成し、社会課題の解決に向けて失敗を恐れずに活動を推進していくことのできる「ソーシャルイノベーター」を公募しました。

全国から225件の応募が寄せられ、その中から10組11名がソーシャルイノベーターに選出されました。それぞれが提案するプロジェクト企画・チーム組成に対しては、最大1千万円の事業資金が提供されます。

フォーラムへの参加者は、3日間で延べ約2,200人。ソーシャルイノベーターは、1日目にそれぞれのアイデアや課題解決にむけた取り組みを紹介しました。2日目に個別ブースでの発表を行うと、3日目にはメイン会場で最後のプレゼンテーション。一般来場者からの投票も参考にして、特別ソーシャルイノベーター3組が選出されました。特別ソーシャルイノベーターには、上限1億円×3年間の事業支援が行われる予定です。

最優秀賞:
 学校魅力化プラットフォーム共同代表 岩本悠氏

優秀賞:
 Collective for Children共同代表 河内崇典氏・高亜希氏
 Next Commons Lab代表 林篤志氏

また、2日目には分科会セッションも開催。以下の5つのテーマで30のブログラムを実施し、約100人が登壇するという規模で、議論が交わされました。

  1. Vision -新しい社会の羅針盤-
    日本がこれからの時代に重視すべき価値、目指すべき社会像について議論
  2. Entrepreneurship -社会変革の担い手-
    社会変革のうねりを起こす起業家に焦点をあて、彼らの描く未来像、それを実現する覚悟・思いを紹介
  3. Collective Impact -集合知の新次元-
    これからの社会課題解決にはセクター間連携が必要。それぞれのセクターのあり方、連携手法について議論
  4. Solution -ソーシャルイノベーションの最前線-
    個別具体的な社会課題について課題の現状に触れるとともに、最先端の解決手法・アプローチを紹介
  5. Ecosystem -イノベーションを生み出す国へ-
    社会課題解決を支える資金、人材、情報について最新動向と今後求められる施策等を議論

本フォーラムは今後も継続され、2017年度も新たな募集が実施される予定です。

English  

 


Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ