人と社会のダイバーシティ

2013年12月15日

 

聴覚障がい者と健聴者のコミュニケーション支援アプリ「こえとら」公開

Keywords:  共生社会  大学・研究機関 

 

KoeTra KoeTra
Copyright 情報通信研究機構 All Rights Reserved.

独立行政法人の情報通信研究機構は2013年6月、聴覚障がい者支援アプリケーション「こえとら」を開発し、一般公開した。音声認識・音声合成技術の聴覚障がい者支援への活用を進めるもので、文字入力した文を音声で再生し、音声入力した文を文字で表示することができるスマートフォン・タブレット端末用アプリ(現在はiOSのみに対応)。聴覚障がい者と健聴者との円滑なコミュニケーションをサポートする。

同機構は、音声入出力で会話ができる音声翻訳ソフトの「VoiceTra」を開発し、2010年8月から無料公開してきた。「こえとら」は、VoiceTraの音声認識・音声合成技術を聴覚障がい者と健聴者との間のコミュニケーション手段に応用したもの。文字と音声の相互変換により、従来は手話や筆談に限られていた意思疎通の手段の幅を広げる。また、定型文の登録により文字入力の手間を省くことができるほか、絵や地図を使って情報を提示することもできる。

今後は、災害などの非常時にネットワークがつながらなくなっても、端末のアプリのみで最低限のサービスを提供できるよう改良を進めるとしている。さらに、高齢者でも簡単に情報の発信・受信ができるよう、タブレット端末における操作性や視認性も高めていくという。

English  

 

ご支援のお願い

この記事があなたのお役に立ちましたら、ぜひ寄付によるご支援をお願いします。
JFSが中立の立場で情報発信を継続するために、あなたのご協力が必要です。
※クレジットカードでの寄付以外のご支援の方法はこちら。


Our Supporters 支援企業/団体

JFSをご支援ください

『ジャパン・フォー・サステナビリティ』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

ジャパンギビングバナー
1% for the Planet バナー
 

このページの先頭へ